MAM・PAMMとは?FXマネージドアカウントについて解説!

MAM・PAMM FX基礎講座

こんにちは!シゲルです。

MAMとかPAMMなどという言葉を

聞いたことありますか?

今回は、MAM・PAMMなどと呼ばれる

FXのマネージドアカウントについて

解説していきます。

MAM・PAMM(マネージドアカウント)の仕組み

まずは、MAM・PAMMと呼ばれる

マネージドアカウントの仕組みについて

解説していきます。

マネージドアカウントとは?

マネージドアカウントとは、

自分の口座の運用資金を

第三者のトレーダーや自動売買ツールに

運用してもらい、その結果が

自分の口座に反映される仕組みのことを言います。

イメージとしては

投資ファンドや投資信託の

FX版と考えていただけばよろしいかと。

MAM・PAMMとは何の略?

MAM=Multi Account Managerの略

PAMM=Percentage Allocation Management Moduleの略

です。

英語だと長ったらしいので

略して呼ばれています。

MAMとPAMMの違いとは?

MAMもPAMMもマネージドアカウントですが

両者には明確な違いがあります。

MAMは取引履歴を見ることが出来る

MAMは、その取引履歴を見ることが出来ます。

出資者の口座の発注や決済を

トレーダー(アカウントマネージャー)が

管理・運用をしてくれる仕組みがMAMです。

PAMMは取引履歴を見られない

PAMMは、ロジックを知られたくない場合などに

使用されることが多く

増減をみることはできますが

取引履歴を見ることはできません。

ですから、

よほど信用のできるトレーダー(アカウントマネージャー)

でなければ、資金が無くなってしまった場合など

トラブルのもとになることもあります。

MAM・PAMMの運用とは?

では、MAM・PAMMの運用について

解説していきましょう。

資金を預けず、自分で運用できる

MAM・PAMMのマネージドアカウントでは、

資金を運用するアカウントマネージャーが

資金を口座から動かせません。

資金は自分の口座にあるので

自分で運用できます。

安全性が高い

プロトレーダーにお金を預ける必要はないため

安全性は担保されています。

基本的にファンドや投資信託は

資金自体を預けてしまうため

事実上、持ち逃げされるリスクがあります。

実際に、FXや仮想通貨の詐欺の多くは

「資金を増やしますよ」

と甘い言葉で誘って

資金を他人に預けて、増やしてもらおうとして

持ち逃げや下せなくなるなどにより

被害が発生することがほとんどです。

当たり前ですが

自分のお金を誰かに預けてはいけません。

無くなってもいいという

覚悟があれば別ですが(;’∀’)

ですので

MAM・PAMMは安全性が高いと言えるのです。

MAM・PAMMの利益とは?

もちろん、MAM・PAMMでも

毎回必ず勝てるわけではありません。

いくら優秀なトレーダーでも

全戦全勝なんてありえませんから。

ですので

取引内容や資金の増減は

資金を運用するアカウントマネージャーや

そのチームに依存することとなります。

通常は、MAM・PAMMの利益は

成功報酬型の場合が多いです。

大体15%~30%程度の成功報酬を

とることが多いでしょう。

成功報酬20%であれば月利や年利で見て

20%がトレーダーである

アカウントマネージャーに、

残りの80%があなたの利益となります。

ハイウォーターマーク方式とは?

成功報酬制度をとる時に

よく使われる計算方式に

ハイウォーターマーク方式があります。

ハイウォーターマークとは

「成功報酬」を算出するための

基準となる価額や計算方式のことです。

基準価額がハイウォーター・マークを上回った場合に

成功報酬が支払われます。

ハイウォーターマーク方式では

利益が出た場合のみに報酬を支払い

利益が出なかった場合は

報酬を支払う必要はありません。

投資家側から見ると、お得な方式ですね♪

MAM・PAMMのメリット

では、MAM・PAMMのメリットとしては

どのような点が挙げられるでしょう?

WinWinである

投資家にとっても、

運用トレーダーにとっても

WinWinの関係性にあると言えます。

投資家は、自分で運用せずに

お金を増やしてもらえます。

トレーダーは

自分で大きな資金を用意することなく

資金を運用して利益を得ることが出来ます。

勝てば勝つほど、双方の利益は高くなるので

どちらにとってもプラスしかない、

と言えます。

成功報酬型ですから

トレーダーは利益を出さなければ

意味がないですからね(笑)

安全である

これはさきほども触れましたが

第三者に資金を預けるわけではないので

持ち逃げされる心配はありません。

唯一心配なのは

悪徳FX会社を利用してしまうと

FX会社に持ち逃げされる可能性がある、

ということでしょうか?

基本的にMAM・PAMMであれば

海外のFX会社を利用するので

その点だけ気を付けましょう。

手数料は15%~30%だけ

この辺はどう捉えるか

人それぞれですが

ほぼ確実に資金を増やしてくれるわけですから

15%~30%の手数料は

安いと捉えるほうが普通ではないでしょうか?

日本の銀行にお金を置いておいても

手数料で減ることはあっても

お金が増えることはありませんからね(;’∀’)

MAM・PAMMのデメリット

変わって、MAM・PAMMの

デメリットにはどんな点があるでしょう?

投資家として成長できない

完全にアカウントマネージャー任せになるので

投資家として、FXの実力を上げることは

出来ないと言っていいでしょう。

まあ、単なる投資として割り切って

お金さえ増えればいい、

ということであれば問題ないですが

FXの投資家として成長したければ

MAM・PAMMは不向きと言えるでしょう。

自由に出金できない場合が多い

基本的に、トレードはすべて

アカウントマネージャー(トレーダー)が

行いますので、ポジションを持っているときや

スキャルピングで

頻繁にトレードしている最中などは

自由に引き出せない場合があり得ます。

アカウントマネージャーの力量に依存する点

運用するのは、アカウントマネージャーですから

その方の力量によって結果も左右されます。

あまり優秀ではないアカウントマネージャーだと

大きく利益が得られない可能性はあります。

普通は元本保証もないですから

MAM・PAMMを始めてしまったら

アカウントマネージャーの腕を

信用するしかないですね(;^ω^)

MAM・PAMMは違法ではないの?

さて、ここまで見てきたMAM・PAMMですが

違法性はないのでしょうか?

日本の法律では・・・

日本の法律では、

金融庁に登録していない個人が

第三者の資金運用を行うことは禁止されており

違法となります。

ですが、MAM・PAMMは

基本的には海外FX業者を利用するもので

海外の金融ライセンスの下で運営されていますので

日本の法律での縛りはありません。

基本的に違法ではない

ですから、MAM・PAMMの仕組み自体に

違法性はありません。

ただ、運営側やマネージャー側に

日本の法律に触れるようなことがあれば

違法になりうることもあるのは

覚えておきましょう。

MAM・PAMM/FXマネージドアカウントのまとめ

いかかでしたか?

MAM・PAMMにもメリット・デメリットは

もちろんあります。

ですが、資金運用を考える上では

非常に有効な手段の一つではないでしょうか。

優秀なアカウントマネージャーの

MAM・PAMMに出会うことが出来れば

あなたの資産を、安定してしっかりと増やすことも

可能ということですね。

今のこの混とんとした時代、

検討の価値はあるのではないでしょうか。

それではまた!

最後までご覧いただきありがとうございます!

当サイトでは、超優秀なFX自動売買EAの無料モニター権利を差し上げています。現在無料でご利用いただけるのは、ビーストプラス・ウルフ・ゴリラ・ラビットの各自動売買EAと、超優秀プロトレーダー「ベルフォート」さんのMAMシステムZOO・最強プロトレーダーMAMのサバンナの6種類です。

ご利用希望の方は、下のバナーから公式LINEに友だち申請していただき、使ってみたいEA名をメッセージしてください。

例)「ビーストプラス希望」「ZOO希望」「サバンナ希望!」という感じで♪

特典満載の特典サイトにもご招待します!

各FX自動売買EAの詳細については、各記事をご参考ください。

ご質問もお気軽にLINEからご連絡くださいね!

あなたとの出逢いをお待ちしています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました